本気に地道に

ご挨拶


「 暮らしに寄り添い、想いに応える!」

 「こんな少ない年金で暮らしていけるやろか」「いざとなったら十分な医療や介護を受けられるんやろか」「家族に負担かけるのだけは嫌やなぁ」、市民の皆さんから日々こうした不安の声を耳にしてきました。今や老老介護や認知症も他人事ではなくなりました。歳を重ねるごとに幸せになって いただける社会が必要です。

 一方、子育て世代に目を向けてみても、養育・教育費用はかさむばかり。こどもの貧困や負の連鎖はますます表面化してきています。精神的に追い込まれ、子育てに迷い嘆きする親の姿にも接してきました。「未来に夢と希望が持てる子育て環境を!」そんな切実な声も受け止めてきたところ です。昨年続発した自然災害に対して強い防災力を求める声も高まっています。 

 こうした不安や希望の声を受けとめ、「暮らしに寄り添い、想いに応える豊中市」を実現するために、重点取り組み構想をまとめましたのでここに発 表します。私にご期待をいただく声がある限り、託していただく声がある限り、私は挑戦を続けたい。皆さんの暮らしの声にとことん向き合い、頑張る皆さんの後押しをし、厳しい課題に直面する皆さんに寄り添う決意です。ぜひ魅力ある豊中づくりに皆さんもご参画ください!。



2019年 2月吉日

白 岩 正 三
Copyright © 2014 OFFICE SHIRAIWA. All Rights Reserved.